お金がちょこっと足りひんねん

FX自動売買を利用した投資の実績公開ブログ!と見せかけて自然と触れ合ったり、好きなものを紹介したりするライフスタイル全般のブログ

トライオートFXの便利機能 注文の追加や稼働停止をする方法

 

 

トライオートFXの便利機能

トライオートFXには他の自動売買ツールにはない便利な機能があります。例えば「注文したもののやっぱり設定を変更したいなぁ」と思った時や「相場が変動したので今の設定は合ってないなぁ」といった時に稼働中の設定をスマホで簡単に変更することが出来ちゃいます。

 以下はスマホアプリでの操作方法の紹介になります。

 

設定した注文を一括して稼働停止・再開

 EUR/JPYの設定のすべてを稼動停止してみます。

f:id:kafka0415:20190220155709j:image

○印のボタンをタップします。

f:id:kafka0415:20190220155633j:image

ボタンの色が暗くなれば、稼働停止。

稼働を再開したいときは、もう一度同じボタンを押せばいいです。

 

☆例えばこんな時に便利

「資金を追加して注文のレンジや本数を増やしたい」

→現在の設定のすべての注文を稼働停止して、新たにレンジや本数を増やした仕掛けを設定する。

 

 

「暴落で設定したレンジを抜けてしまいそう。このまま証拠金維持率が下がると、ロスカットされてしまう」

→すべての注文の稼働停止をすると、レートが下がっても新たにポジションを持つことはありませんので証拠金維持率の低下が緩やかになります。相場が回復したときには稼働再開も簡単にできます。

 

 

 

 

設定した注文の一部のポジションを稼働停止・再開

稼働中のポジションの一部だけ稼働停止する場合

f:id:kafka0415:20190220155831j:image

左端にある➕ボタンをタップします。

f:id:kafka0415:20190220161701j:image

そうすると下方向にポジション一覧が展開しますので、停止したいポジションの○印の部分をタップします。

f:id:kafka0415:20190220155545j:image

左端の稼働停止・再開ボタンをタップします。

以上でポジションひとつずつの稼働停止・再開が簡単にできます。

 

 

☆例えばこんな時に便利

「暴落の兆しがあるから設定を間引いて様子を見たい」

→設定の全部を稼動停止するほどではないというときには、一部を稼動停止することで注文本数を間引くことができます。

 

「100万円を入金して10pipsごとに100本の仕掛けを設定したいが、50万円しか資金がない」

→とりあえず100本仕掛け、半分を稼働停止して20pips幅の50本で運用する。資金ができたら入金して、停止していた注文を稼動再開する。

→50万円で設定できる現在の値付近の注文のみを稼動させておいて、資金が準備できたら入金して停止していた注文を稼動再開する。

 

 

注文を1本追加する

f:id:kafka0415:20190220160119j:image

左から2番目のコピーボタンを押下する。

f:id:kafka0415:20190220160130j:image

黄色の四角で囲んだところに仕掛けたい注文の値を入力する。

f:id:kafka0415:20190220155559j:image

今回は120.5円の売り注文の下に、120円の売り注文を追加してみました。

f:id:kafka0415:20190220155549j:image

 

☆例えばこんな時に便利

「利益を効率良く再投資したい」

→月々の利益から広い範囲に設定を追加しようとすると、利益が蓄積するのに時間がかかります。しかし現在値付近に1~2本の注文の追加であれば少額からできます。月や週ごとに一本などと決めて追加できれば、効率良く利益の再投資をすることができます。

 

「レンジを抜けそうだが、資金は充分ある」

→注文を追加してレンジを広げて利益をねらう。

 

稼働中に注文内容を変更する

f:id:kafka0415:20190220161317j:image

 

f:id:kafka0415:20190220161321j:image

①数量を変更する

②④注文価格を変更する

③利確幅を変更する

それぞれの値を入力して「OK」を押下すれば変更ができます。

 

FX初心者にこそトライオートFXを利用してもらいたい

 

 トライオートFXはトラリピやループイフダンと比べて、設定の方法がややこしいところがありますが、運用を開始してからの変更の機能が一番充実しております。自働売買の上級者になると設定をしてしまえば長期に渡ってほったらかしておくだけです。しかし初心者は勉強しながら試行錯誤して運用を続けていく中で「設定の変更をしたい」という場面が必ず出てきます。そんな時にこの記事で紹介したような変更機能が役に立ちます。

また運用資金を少なく始める方はどうしても広いレンジで仕掛けることはできません。狭いレンジで仕掛けを設定するなら相場の急変時に臨機応変に対応できるトライオートFXが一番使い易いと思います。 

ぜひトライオートFXの便利機能の使用方法を身につけて、他の自動売買にはない優位性を活かしていきましょう。 

 

トライオート